社会問題にもなっている空き家問題

家族から相続した家を持っていると資産価値があるからという人や、売れないし、取り壊しにもお金が必要だからなどいろいろな理由で空き家を持っている人が大勢います。しかし、空き家は社会問題になっています。空き家を持っているだけでいいという時じゃなくなっており、損をしないために空き家を保持する空き家買取するかを考える時が来ています。

家と人間のバランスがアンバランス?

みなさんは、周りを見渡すと空き家があるのに、どんどん新しい家やマンションが建っているのに気付いているでしょうか。今は人口が減少していますし、世帯も減少している現状です。なのに、なんで新しい建物が次々と建てられているのでしょう。

古くなった家から新しいところに引っ越せば、そこはまた空き家となってしまいます。うまく売れればいいけど、都合のいいようにいかないのが世の中です。しかも、現代は、空き家を欲しい人よりも空き家の数が圧倒的に多いのです。

需要と供給のバランスが崩れており、供給過剰です。こうなると建物の資産価値が下がります。今後、人口が増えることはないといわれており、ますます減る一方です。団塊の世代が
高齢になったり、亡くなった場合には、空き家が増え更なる資産価値の低下の可能性もありうるのです。

空き家を持っておくことが厳しいなら

不便で働く場所の少ない田舎に空き家が多いと思いがちですが、都心部にも空き家はふえている現状です。そんなに新しいものがいいのなら、空き家を壊して、新しく建てればいいじゃないかとなかなか知らない人がいますが、これができるところとできないところがあるのです。

昔からの法律により、建物によっては、改築しかできない場所があります。そうなると売るのはますます難しくなります。自分でどうにかしようというのは限界があります。ですので、ここはやはり空き家の専門家に相談して、空き家買取してもらうなどを検討されることをおすすめします。

関連する記事