どんなときにするの?

愛情の表現や確認にも使ってみよう

恋人や夫婦の愛情の確認というと、やっぱりセックスでしょう。お互いに愛し合うのがわかりますし、プレイが終わってもイチャイチャしたりして確認できます。しかし、もしもセックスができない時には、代わりにテレフォンセックスをしてみてはどうでしょうか。電話でも愛情表現や確認できるでしょう。

どんなときに使えばいいの?

まずは、なかなか会えない時が有効です。たとえば、遠距離のときもあれば仕事などで忙しくて会えないときにもいいでしょう。結婚していてもまだ同居していないときや単身赴任のときにもおすすめです。
男性から誘ってみるのがいいでしょう。女性からだと恥ずかしくて誘えないというのが本音です。誘うときには、最初は普通の会話から少しずつ下ネタを入れたらいいでしょう。女性がのってきたら、そこでセックスがしたいとお願いしてみましょう。そこで会えないから無理と言われたら、代わりにテレフォンセックスはどうと誘ってみてください。女性も断ったから申し訳なく感じてら、電話で少しくらいならという気持ちにもなるはずです。

言葉をたくさんかけよう

風俗のセックスと恋人や夫婦のセックスでは、言葉の数が違います。風俗の女の子でも気持ちはいいのですが、どこか淡々と進めていきます。言葉も少なくて、興奮しても後からなんかがっかりです。恋人だと素直な気持ちもいうなど、言葉も多くて燃えるでしょう。
電話でも前戯から、言葉をたくさんかけてください。声がかわいいとか、女性が声を出したら男性も気持ちいいとか興奮するなどリアクションをしてください。
終わった後も、褒め言葉を増やしたり、お礼を伝えたりすれば、女性も満足してくれるでしょう。
テレフォンセックスの最中ならば、好きとかかわいいという言葉もいいやすいはずです。恋人や夫婦の愛情の表現や確認にも、実はピッタリなのです。

関連する記事