空き家処分にかかる費用

現在日本では、7割もの家屋が空き家になっています。田舎の地域だけではなく、都心部にも空き家はあり、空き家対策特別設置法が施行されるなど社会問題となっています。このままこの問題が深刻化すると政府は踏んでいます。空き家が多くなると、売り手の人もなかなか売れずに困ることになります。実際、空き家をどうすれば一番いいのかわからないという人が多いです。今回は、空き家買取についてご紹介します。

なぜ、空き家が多いの?

空き家核家族化で高齢者の死亡後そのまま相続したが、誰も住んでいなかったり、親たちが田舎からマンションや便利のいいところに引っ越したりしていることや根本的な人口の減少などから空き家が多くなっている原因にあります。

そのほかには、高齢になりすぎて一人や高齢者世帯では生活できなくなったために、介護施設等に入る人が多くなっていること、雇用が都市に集中しているため、若者の働く場所がなく、若者は都会に出て行ってしまうことなど実に多くの原因があります。

空き家の何が問題になるの?

空き家な何が問題になってくるかというと、いくつか問題となる視点があります。まず、新しい建物なら問題ないのですが、古い建物になると老朽化が進んで、建物の傾斜や倒壊する恐れがあります。

建物の周囲に何もなければよいですが、他に建物があったり、人が通ったりするところであれば、危険が伴います。他には、空き家は、いたずらをされやすく、ガラスが割られたり、落書きをされたりと景観を損ねる可能性があります。庭があるところなどは放置した草木は伸び放題になってしまい、とくに隣近所に迷惑がかかってしまいかねません。

カラスや虫、ネズミ、ハエなどがわいてしますと、衛生上の問題も浮上してきます。隣近所ともめる可能性もありますし、これらさまざまな問題が出てくる可能性があることをしっかり認識しておく必要があります。

これまでは持っててよかった空き家

持っててよかった空き家以前は空き家をそのまま空き家としてもっておいてよかった時代でした。持っていることで税金が安くなっていたからです。資産になって持っておくだけで税金も安くなるならそのままにしておく方がお得でした。でもそれは、もう過去の話です。

なぜ過去の話になったかというと、それは、空き家対策特別設置法ができたことに関係します。空き家のうち、衛生上問題があり、倒壊しそうな建物を「特定空き家」として持ち主に市町村が改善するよう命令します。

そして、きれいな状態に保っていなければ、固定資産税の優遇措置を受けることができないようにしてしまったのです。住んでいないのに、お金をかけて手入れをしないといけなくなりました。税金も払わないといけません。しかし、いざ売ろうとしても売り手や買い手が見つからないこともあります。

空き家を持っていて損しないために

空き家があってもいいような気がします。せっかく相続した大事なものだから、レガシーとして大事にとっておきたい気持ちはよくわかります。車は持っていると資産となるので、金銭的にも指導しても困った時には役に立つことがあります。

それと一緒で、家でも資産となるので、何か最悪の事態になったときの担保にもなりますし、何より、大事な家族との思い出が詰まった場所だから残しておいきたい気持ちもありますよね。しかし、時代は変わってきました。

空き家を持っていて損しないようにしていくことが大切な時代です。昔は家や建物といえば、不動産にいくしかありませんでしたが、今は、空き家専門の会社がありますし、自治体や民間団体も空き家対策の取り組みをしています。

インターネットの普及によって、空き家買取の会社を探したり、情報を収集することが容易になりました。簡単に相談もしやすくなりました。しっかり情報を集め、フル活用して損しないようにしましょう。

処分に困っている空き家

空き家管理にお困りの方、まずは一括空き家管理費用比較サイトにアクセス!

  • タイトル:空き家管理費用比較君|東京・大阪など日本全国の空き家対策・管理
  • URL:http://www.akiyakanri-hikaku.com/

空き家管理の料金を比較することができます。